So-net無料ブログ作成
検索選択

ホンダ、19年ぶりに軽スポーツ復活! [自動車]

スポンサーリンク




ホンダの軽スポーツと言えば、1991年に発売された
「ビート」ですが、当時は軽スポーツ最盛期でした。


ビートの対抗馬としてスズキの「カプチーノ」が
オープンカーとして2トップだった記憶があります。


ダイハツはコペンが出る前に「リーザスパイダー」という
「リーザ」をルーフカットして、2シーターにしたものが
出ていましたが、剛性の問題などで早々と消えてしまいましたね。


約10年遅れで出たコペンで巻き返しに成功し、現在でも不動の
人気を得ています。

スポンサーリンク








さて、話はそれましたがタイトルの通りホンダがビートの後継車に
あたる「S660」を4月2日から発売すると発表されましたね。


車離れが叫ばれる昨今ですが、若年層の取り込みや子育てを終え
余裕の出てくる世代を取り込む狙いがあるそうです。


S660のコンセプトカーはカッコよかったですが、市販モデルは
一般的にかなりおとなしくなってしまうことが多いのですが、
このS660はステアリングやホイールなどの変更はあったものの
かなりコンセプトカーに近いデザインをしており、期待が高まります。


あえてそうしたのかはわかりませんが、S660の幌は
自動開閉ではなく手動で着脱との事です。


軽量化などの意味ではいいかと思いますが、ライバルであるコペンは
電動+着せ替えと言う付加価値を付けてきているので、この辺りで
差が出てしまうかもしれませんね。


価格は198万~218万円で限定生産の発売記念車は238万円で660台
約200万円というのはコペンよりも10万近く高いですね。
FIT RSよりやや高い価格設定というのは、あえて軽を選ぶという
ニッチな需要層になるかもしれませんね。


ともあれ、4月2日の発売、その後の売れ行きは気になるところです。


リンク
HONDA-S660



スポンサーリンク







トレンドニュース ブログランキングへ


スポンサーリンク



タグ:ホンダ s660
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。